12 / 09

パワーアップ休暇 in タイ [ Vol.3 ]

ふと気づけばマイペースでやってきた飛企画も来年で10年目。数年ぶりのパワーアップ休暇をとり、周りの人たちがことごとく絶賛するタイ(バンコク、チェンマイ)へ7泊8日のひとり旅。旅する中での気づきを数回に分けてメモ。(旅の写真は下部に掲載)

 

———-

 

循環 編
 

最終日前日はバンコクに戻り、マリオットホテル スリウォンというホテルに宿泊。(タイだから泊まれる。)もう一歩も外に出る気はなく、翌朝早朝のフライトまでとにかくゆっくり過ごす。ルーフトップ・プールバーで泳いでモヒート飲んでまた泳いで。バンコクの蒸し暑さが心地よくさえ感じた。

 

空間や接客などすべて質が高く、ここではもうぼったくりと戦う必要ないと、安心して武器を下ろし鎧を脱ぎ無防備にビュッフェに入ったが、チェック時に普通に超・卍・ガチ・鬼高くて、レシートを3度見程したうえに電卓まで叩いてしまった。(冷静に考えれば、食材、調理方法、個別調理、バリエーション、ホスピタリティー等すべてハイクオリティーだったので相応。)

 

まぁ、食べてしまったものは仕方ないと諦め、あとは部屋でゆっくりと旅の疲れを癒し、明日の早朝フライトに備えて早めに寝る。。つもりが、目がギンギンに冴えて朝まで眠れず。おかげで思考を整理する有意義な時間を過ごせた。
 
そして、そのまま早朝一番、空港へ。
 
 
 

今回の旅は、田舎と都会、古典的と近代的、荒削りと洗練など織り交ざったものになり、普段のインプットとは大きくかけ離れたものが摂取できて面白かった。
 
日々、口に入れる飲食物の質と量が将来的に良い身体・悪い身体をつくる分かれ目になるのと同様に、頭と心に入れるものも非常に重要だと思う。仕事のウェイトが幅を利かせすぎると、インプットが偏る→アウトプットがズレる→ヒットしない→感度がにぶる。この循環に陥らないためのパワーアップ休暇。
 
家族やスタッフをはじめ多くの人の支えがあっての休みなので、その有り難みも改めて感じた。みんなから「行っておいで」と言われ、あたりまえに行かせていただいたが、どうやら皆が皆そのように送り出してもらえるものでは無いらしい。本当に感謝。
 

おかげさまで、好循環スパイラルに切り替えられた。
 
コップンカ。

 
おしまい。

 

———-

 

バンコク マリオットホテル スリウォンのルーフトッププール&プールバー
ルーフトップ・プールバー | 昼間は結構みんな泳いでいたが夜は独占して泳げた。泳いではリクライニングソファーでゆったりリラックス。気がつけば2時間くらい経ってた。
バンコク マリオットホテル スリウォンのビュッフェ
ビュッフェ | いろんな風景写真を子供に見せたが、結局一番食いついたのはこのデザートの写真。
バンコク マリオットホテル スリウォンの部屋
いつも狭い部屋にしか泊まらないため空間を持て余す。毎回最終日前夜は目がギンギンに冴えて寝られない。。でも、おかげで思考を整理する有意義な時間を過ごせた。理想の仕事空間かも。
浦東空港(上海)
浦東空港(乗継)からのフライトで旅は終わり。家族が待つ広島空港へ。

12 / 04

パワーアップ休暇 inタイ [ Vol.2 ]

ふと気づけばマイペースでやってきた飛企画も来年で10年目。数年ぶりのパワーアップ休暇をとり、周りの人たちがことごとく絶賛するタイ(バンコク、チェンマイ)へ7泊8日のひとり旅。旅する中での気づきを数回に分けてメモ。(旅の写真は下部に掲載)

 

———-

 

開放編

 

5日目。飛行機で1時間半かけてチェンマイ(タイ北部の古都の町)へ移動。この日から2日間行われる祭りの影響で普段よりにぎわっているとのことだが、バンコクより落ち着いている感じ。

 

到着日の夜。毎晩1時まで開催しているナイトマーケット&ナイトバザールへ。広島で言うところの“とうかさん”“えびす講”を毎日開催している感じ。通りは、ベタな店ばかりだけど、広場で開催しているPloen Ruedee Night Marketは、店もライブも洗練されていて最高に良かった。

 

 

翌日はコムローイ祭(ランタン上げ)の現地ツアー。車で1時間ほど走ったところの大学敷地内での開催。(現地ガイドさんのいい加減さにトラブル続出。おかげで参加者がひとつのチームになった。)何千ものランタンが一斉に空へ。素晴らしい、脳みそから何か出た。ランタンは街中に帰ってもあちこちで上がっており、街全体が幻想の世界っぽく映る。こういうの日本でもあったらいいなと思うけど無理よね。

 

 

チェンマイは心地よいにぎやかさでいい。祭りやイベントのおかげもあるが、気持ちがほぐれる。飛行機で隣になったご夫婦は毎年来られるとのこと。帰郷する感じに似てるんだとか。

 

 

この旅中は、遊ぶことに集中するためにパソコンは持って行かず、小さなメモ帳のみを持って行った。「仕事をしないといけない」と思えば思うほど進まないが、「仕事をしてはいけない」くらいの気構えだと心が開放されるのか、サラッと頭に浮かんでくるのでその都度メモして完了。

 

帰国してからメモ帳を眺めると結構なページ数を書いている。タスクではなく、日々アイディアなどを書き留めるのは大切なことだと再認識した。後から眺めて、「なんだここれは?」みたいなのもあるけど、他人が書いたものを見ているようで、客観的に観察できて面白い。

 

これも以前はやっていたが、いつの間にかやらなくなっていた。この感覚を思い出せたのは良かった。続けよう。

 

 

———-

 

チェンマイ ターペー門前
昼過ぎにチェンマイに到着。なんか懐かしいような雰囲気。
100%パッションフルーツジュース
露店の100%パッションフルーツジュース。タネをバリバリ噛み砕きながら飲む。美味しすぎて、こればっかり飲んでた。
Ploen Ruedee Night Market
Ploen Ruedee Night Market | 人、人、人。現地の人いなかったような。
Ploen Ruedee Night Market
いろんな店が出店していて楽しい。
Ploen Ruedee Night Market
余興のバンドが凄すぎて最後まで聞いてしまった。前半はしっとり系だったが、後半、盛り上がりすぎて完全にクラブ化。小さな子供二人が踊り狂っててかわいかった。
RIVERS & ROADS
RIVERS & ROADS | ふらっと立ち寄ったいい感じハンドメイド雑貨店。店員の女の子二人とも日本語ペラペラだった。店も商品もセンスがいい。
チェンマイの夜
チェンマイの夜。いい感じ。
SP CHICKEN
飛行機で隣の人に教えてもらったSP CHICKENという店。一羽か半身かを選ぶ。美味しかった。
AKHA AMA COFFEE
AKHA AMA COFFEE | アカ族の母という意味らしい。若きオーナーは、勉強して、起業して、自分の村(アカ族)とフェアトレード契約をむすび恩返し。
AKHA AMA COFFEE 2
シェイカーで作られた泡。オレンジピールも。こんなアイスコーヒーはじめて。美味しい。
コムローイ1
コムローイ祭。ランタンに火を灯す。
コムローイ2
一発目は一斉に上げたのでランタンの密度が高かったのだが、自分自身も上げてたので撮影できず。
コムローイ3
360度包まれると圧巻。
ランタン
街中のあちこちでランタンを上げてる。火事や事故にならないわけないと思うのだが。
トゥクトゥク
翌朝、バンコクへ戻るために初トゥクトゥクでチェンマイ空港へ。

 

 

 

11 / 29

パワーアップ休暇 inタイ [ Vol.1 ]

ふと気づけばマイペースでやってきた飛企画も来年で10年目。数年ぶりのパワーアップ休暇をとり、周りの人たちがことごとく絶賛するタイ(バンコク、チェンマイ)へ7泊8日のひとり旅。旅する中での気づきを数回に分けてメモ。(旅の写真は下部に掲載)

 

———-

 

直感的LOVE編

 

10年目を前に、「なんか新しい気持ちにしたかった。」というなんでもない理由が一番。行き先は、ほんとに皆が皆絶賛するタイ。「どこがいいの?」「何がいいの?」と聞いても「なんかいい!」「何度も行った」「近々また行きたい」「先週行ってきた」「来月行くよ」など。行きたいという気持ちは分かるが、誰一人としてその先の具体的な回答がない。しかし、皆絶賛。

 

これは、「なんか新しい気持ちにしたかった」というボヤけた目的にピッタリ。ということで決定。

 

 

最近の仕事のやり方では、“総意を得る”“稟議を通す”などのため、ロジカルシンキングでLIKEを獲得しながら進めることが多い。確かに話は通りやすくなるが、やはりイマイチ電流が流れない。

 

前述のタイが好きだという皆にしても同様だと思うが、結局、直感的に好きか嫌いか。そこには理由はあまりない。友人も、家族も、家も、町も、仕事も、趣味も、直感的なLOVEはいつも正解する。

 

正直ここのところ、ロジカルシンキングしすぎて直感が隅に追いやられていた感があったが、今回の旅でだいぶ回復した気がする。

 

理想は、直感的LOVEでアイデア出しし、ロジカルなLIKEでさらっと検証する。がベストだとつくづく感じた。

 

 

———-

 

空港からのバスで降ろされたところはカオサン通り。通り全体がクラブ化してて度肝抜かれた。各店舗の音漏れどころではない大音量の音が混ざり合っても気にしていない。
初日:空港からのバスで降ろされたところは人ギュウギュウのカオサン通り。通り全体がクラブ化してて度肝抜かれた。各店舗の音漏れどころではない爆音が混ざり合ってても気にしていない。
爆音の通り沿いでオープンマッサージ。
爆音の通り沿いでオープンマッサージ。おもしろい風景。
到着一番の晩御飯は屋台。美味しかった。
到着一番の晩御飯は屋台。美味しかった。
涅槃仏(ねはんぶつ)。全長50mあるとのこと。
2日目:寺院や遺跡は現地ツアーを利用。効率よく、街・人・歴史を学べるので、だいたいいつも初日はツアーに参加。涅槃仏(ねはんぶつ)。全長50mあるとのこと。
人多すぎ。
王宮。人多すぎ。
アユタヤ。滅ぼされる前はどれだけ輝き、にぎわっていたのだろう。
アユタヤ。滅ぼされる前はどれだけ輝き、にぎわっていたのだろう。
いいリスが撮れた。
いいリスが撮れた。
どの国も戦争戦争。
これも戦争の名残。
カオサン通り付近の朝
3日目: 朝から活気にあふれている通り。
裏通りは人が少なくいい感じ。
裏通りは人が少なくいい感じ。朝は寝ぼけてて毎朝交渉してもぼったくられてしまう。。。(日本円にすると大した額ではないけど)値交渉という文化に慣れていないのでなかなかめんどくさい。
交通の便が良くなかったので、フェリーで川を下ってからの地下鉄ルート。
宿からの交通の便があまり良くなかったので、フェリーで川を下ってからの地下鉄ルートを発見。
タイシルクを世界に広めたジム トンプソンの家。庭がすごい!クワズイモの葉が1m以上ある!
タイシルクを世界に広めたジム トンプソンの家。庭がすごい!クワズイモの葉が1m以上ある!
サイアム付近。建物全部でかい。入ったら毎度出れなくなる。
サイアム付近。建物全部でかい。入ったら毎度出れなくなる。
有名なアロマブランドが展開しているレストラン。
有名なアロマブランドが展開しているレストラン。
Golden Gimletという名に惹かれてオーダーしたら、大葉に金箔。飲み方分からん。
Golden Gimletという名に惹かれてオーダーしたら、大葉に金箔。飲み方分からん。美味しかったけど。